トップページ  ▶新着ニュース  ▶県民投票7割...

県民投票7割が反対それでも政府は辺野古の新基地建設に固執...

twitter
【東京】政府は、県民投票で投票総数の7割超が反対してもなお、名護市辺野古の新基地建設に固執している。安倍晋三首相は今年1月の衆院本会議で、米軍普天間飛行場の危険性の除去に関し「辺野古移設が唯一の解決策」と従来の見解を強調した。