トップページ  ▶新着ニュース  ▶一転回復した...

一転回復した建設受注高、公共工事が牽引の構造変わらず(シンガポール)

twitter
3年連続で下落していたシンガポールの建設受注高が2018年に、前年比で2桁増と大きく回復した。民間住宅と工業施設の受注が活発化し、全体を底上げした。ただ、土木工事を中心に公共工事が建設受注高を牽引する近年の構造は変わっていない。今後も、