トップページ  ▶株式News  ▶〔マーケット...

〔マーケットアイ〕株式:夜間取引で日経平均先物が下落、2万1000円下回る

twitter
<15:18> 新興株は軟調、マザーズ安値引け バイオ関連に売り 新興株式市場で日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落。マザーズの下落率は2%を超え、安値引けとなった。2018年12月期が最終赤字の見通しとなったラクオリア創薬 がストップ安。新興市場全体では、これが「バイオ関連株の重しとなった」(国内証券)という。個別銘柄ではこのほか、サンバイオ 、ナノキャリア 、そーせいグループ 、オンコリスバイオファーマ が軟調。CY BERDYNE は小幅高。ミクシィ はしっかり。昭和真空 は急伸した。