トップページ  ▶プレリリース  ▶大東建託と京...

大東建託と京セラ、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準を満たす賃貸集合住宅が静岡県に完成

twitter

【共同特許出願中】低圧一括受電システムを組み合わせた大東建託オリジナルZEH賃貸

日本初 ZEH基準を満たす賃貸集合住宅が静岡県に完成

  

  大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊切直美、以下大東建託)と太陽光発電システムを開発・販売する京セラ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:谷本秀夫、以下京セラ)は、11月30日、戸建てのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準を満たす賃貸集合住宅の第1号が静岡県伊豆市で完成となりますのでお知らせします。

  戸建てのZEH基準を満たす賃貸集合住宅の完成は日本初となります(2017年11月29日時点、大東建託調べ)。

  ZEHとは、年間の1次エネルギー消費量がネットでゼロとなる(ネット・ゼロ・エネルギー)住宅(ハウス)のことで、日本のエネルギー需給の抜本的改善の切り札となるなど、きわめて社会的便益が高いものとして、経済産業省、国土交通省、環境省が連携事業として取り組みを進めています。大東建託と京セラは、低圧一括受電システムを組み合わせたZEH基準を満たす賃貸集合住宅を積極的に展開することで、建物価値の向上、快適な住空間の実現、光熱費の削減、環境負荷の低減に寄与することを目指しています。

  *参考画像は添付の関連資料を参照

■低圧一括受電システムを組み合わせた大東建託オリジナルZEH賃貸

  戸建てZEH基準+低圧一括受電システム=大東オリジナルZEH賃貸

  大東建託オリジナルのZEH賃貸は、ZEH基準(戸建て)をクリアするだけではなく、低圧一括受電システムを組み合わせたZEH賃貸です。低圧一括受電システムとは、低圧での電力の受電、余剰電力の売電、各戸への太陽光発電電力の分配などを電力会社との間で一括して行うシステムのことです。これにより、賃貸住宅全戸分の電気の取りまとめと、各戸への供給が可能となることで、事業性の向上(賃貸住宅オーナー様向け)などのメリットがあります。また、光熱費の削減(入居者様向け)などのメリットもあります。

  

  

  

大東建託(株)

http://www.kentaku.co.jp/

*記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。