トップページ  ▶新着ニュース  ▶<建設アスベ...

<建設アスベスト訴訟>東京高裁・あす控訴審判決山形の原告「国など...

twitter
建材に含まれるアスベスト(石綿)を吸って健康被害を受けた首都圏の元建設労働者や遺族355人が、国と建材メーカー42社に計約118億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が14日、東京高裁で言い渡される。石綿関連疾患は潜伏期が数十年と長く、高度経済成長期に東京へ集団就職した東北出身者も原告に加わる。その一人で山形県白鷹町の佐藤武さん(79)は「国と企業は責任を認め謝罪してほしい」と訴える。 今回の訴訟は2008年以降、全国で起こされた建設アスベスト訴訟=?=で最多の原告を抱える