トップページ  ▶株式News  ▶株価指数先物...

株価指数先物【引け後コメント】ひとまず2万2000円割れの場面は...

twitter
米国市場の反発の流れのほか、半導体大手マイクロン・テクノロジーの決算を受けた時間外の上昇が材料視され、日経225先物は2万2390円とシカゴ先物清算値(2万2335円)を上回ってギャップスタートで始まると、前場半ばには一時2万2420円まで上げ幅を