トップページ  ▶倒産情報  ▶株式会社小樽ベイシティ開発

株式会社小樽ベイシティ開発

twitter
(複合商業施設『マイカル小樽』(現・ウイングベイ小樽)運営 かつて国内最大級の大型複合商業施設としてオープン 北海道小樽市 )民事再生法の適用を申請 負債280億円
「北海道」 (株)小樽ベイシティ開発(資本金1億2700万円、北海道小樽市築港11-5、代表橋本茂樹氏)は、12月7日に札幌地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けた。
 申請代理人は髙木大地弁護士(大阪府大阪市中央区北浜2-5-23、弁護士法人関西法律特許事務所、電話06-6231-3210)ほか4名。
 監督委員は太田三夫弁護士(北海道札幌市中央区大通西9‐3-33、太田・遠藤法律事務所、電話011-271-6195)。
 当社は、1991年(平成3年)11月の設立。マイカルグループのほか、道内有力企業の出資によりJR小樽築港駅貨物ヤード跡地の再開発事業として大型.....
 次へ