トップページ  ▶プレリリース  ▶野村不動産な...

野村不動産など、「ZUTTOCITY(ズットシティ)」のマンション事業最終街区(366 戸)のモデルルームをオープン

twitter

関西最大級(*1)の駅前複合再開発(都市型コンパクトタウン)

ZUTTOCITY(ズットシティ)マンションプロジェクト

いよいよ、4月29日(土)より最終街区(366戸)モデルルームオープン

  

  野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一)、JR西日本不動産開発株式会社(本社:兵庫県尼崎市/代表取締役社長:近藤 隆士)、株式会社長谷工コーポレーション(本社:東京都港区/代表取締役社長:辻 範明)の3社は、兵庫県尼崎市のJR宝塚線「塚口」駅前複合再開発の『ZUTTOCITY(ズットシティ)』内にある「プラウドシティ塚口」(総戸数1,200戸)において、最終街区となる「マークスカイ」が4月29日(土)よりモデルルームをオープンしますことと、近畿圏において発売された物件で成約戸数(814戸)が第1位(*2)になりましたことをお知らせいたします。

  

1.ZUTTOCITY(ズットシティ)について

  「ZUTTOCITY(ズットシティ)」は、最寄りのJR宝塚線「塚口」駅からJR「大阪」駅まで約10分でアクセスできる、総開発面積約8.4haの関西最大級となる駅前複合再開発プロジェクトです。再開発地内の住宅計画は戸建街区とあわせて総計画戸数1,271戸と、JR駅前再開発事業において1995年以降に供給された関西エリアの住宅開発で最大規模となります。

2.プラウドシティ塚口の評価ポイント

  多機能で高い利便性を有する駅前複合再開発(都市型コンパクトタウン)が共働き世帯や20代後半~30代前半のファミリー層を中心に人気に評価され、2017年3月末時点で成約数が近畿圏第1位(*2)になりました。

  ・JR宝塚線「塚口」駅前から徒歩約1~2分(*3)の駅前立地

  ・総開発面積約8.4haと充実した広大な敷地内にある様々な施設といった大規模物件の評価

  ・尼崎市認定のスマートコミュニティへの取り組み

  ・2017年4月より民間保育施設が「ZUTTOCITY」敷地内にオープン

  

  

  

野村不動産(株)

http://www.nomura-re.co.jp/

*記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。