トップページ  ▶新着ニュース  ▶桜井市、新庁...

桜井市、新庁舎建設基本計画18年度に実施設計事業者選定

twitter
桜井新庁舎 桜井市は、市民の安心と安全を確保するとともに、市民の利便性を向上させ、まちづくりの拠点となるような新庁舎を建設するため、「桜井市新庁舎建設基本計画」を策定した。今後は基本設計、実施設計、建設工事と進み、20年度末までに新庁舎完成を目指す。事業手法は設計と施工を一括して発注するDB方式を採用した。なお、同事業では、技術提案・交渉方式のうち「設計交渉・施工タイプ(D+B方式)」で検討する。 現庁舎の概要は、所在地が粟殿432―1の敷地1万2112㎡。規模は、本庁舎・旧消防