トップページ  ▶新着ニュース  ▶さらなる「ダ...

さらなる「ダントツ」へ、建設現場のデジタル化でイノベーションを加速する...

twitter
コマツといえば、およそ15年も前からGPS機能を標準搭載し、建設機械の位置情報はもちろんのこと、センサーデータも併せて収集することで、詳細な稼働状況も把握できる「KOMTRAX」(コムトラックス)で知られている。まだ、Internet of Things(IoT)という言葉が広く使われていないころから取り組んできた元祖IoT企業の雄だ。 街中でも見かける「ミニショベル」と呼ばれる小型の建機にまでGPS機能の標準搭載を進めたことで、同社は新たなビジネスモデルを産み出すことに成功する。建設機械の車両情報を見える化する